年末のレジ業務のアルバイトについて

年末のレジ業務のアルバイトについて

年末のレジ業務のアルバイトについて 私は高校1年生の夏休みから自宅から徒歩5分の距離にあるスーパーマーケットでレジ業務のアルバイトを始めましたが、年末の時期は買いためやおせち料理の商品を購入する客で店内が人でいっぱいになり、1人ずつ会計を終わらしても途切れることなく、客がレジに待っている状態でした。私が働いていたスーパーマーケットではレジが店舗内に5台しかなかったため、5台のレジをフル活動させても客の対応に追いつくことができなかったので、店長や部門の責任者が急遽臨時レジを設置してくれる対応をしてくれたため、途中から1台のレジに5人以上の客が並ぶことが一切ありませんでした。

アルバイトスタッフとして少しでも客を待たせたくないと思った私は、自分の持てる力を全て出し切り仕事に従事することによって、勤務時間が終了する間際には体力の限界を感じてしまうほど疲れ果てていました。客を待たせたくないと思い、仕事に従事した当時の私はすごく仕事熱心なアルバイトスタッフでしたが、時間配分を考えて仕事に従事することもアルバイトとしてすごく大切なことだと思うようになったため、翌年からは自分のペースをしっかりと保ちレジ業務の仕事を全うし続けることを決意しました。
Copyright (C)2022年末のレジ業務のアルバイトについて.All rights reserved.